建設業の仕事ってどんな感じなの?

建築士の仕事って何するの?

一級建築士や二級建築士という言葉はみなさん誰もが聞いたことがあると思います。でも実際に建築士がいったいどんな仕事をしているのかどうかは意外にみなさん知らないことが多いのではないでしょうか。建築士は建設業に欠かせない存在ですが、一口に建築士といってもその仕事の種類は多岐にわたります。この記事ではその一部ですが建築士の仕事についてご紹介していきたいと思います。

・建築士資格の種類建築士には資格が必要になります。
建設に携わることは人の命にかかわる大切なお仕事ですから、国家資格を取得していないと建築士として名乗ることができません。建築士資格には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があります。この3つの資格は設計できる建物の規模や構造に違いがあります。

二級建築士や一級建築士は一般になじみも多いでしょう。
一級建築士の場合には扱う建物の大きさに制限がありません。一方で二級建築士の場合にはある程度扱える建物の大きさが制限されています。ただし、ある程度の大きさの建物ならば扱えますから、一般住宅程度の規模の場合には二級建築士の資格があれば十分です。木造建築士は小規模の木造建築物のみを扱う資格になりますが、あまり一般的ではなく、資格を受験する人も今はあまりいません。

・建築士の仕事内容
建築士という資格は、実は建物の設計を行うだけではなく、工事監理や既存建築物の診断等もできるマルチな資格です。ただ、建築士と一般にいった場合にはやはり設計のイメージが強いと思いますので、設計について特にご紹介していきます。建物の設計はたいてい設計事務で行われています。

設計の中にも種類があり、建物の意匠性(デザイン性)を決める意匠設計、建物の構造を決める構造設計、電機や空調などの設備を決める設備設計等があります。大きな設計事務所の場合にはこれらの設計に対してそれぞれ担当する人が決まっていますし、個人でこれらの設計をこなす方もいます。建築士はお客さんからどんな建物にしたいのかという相談を受け、予算との兼ね合いも考えながら具体的な形に設計していくのが建築士の仕事です。

また、建築士の別の仕事として、実際に設計された図面通りに建物が建設されているのかどうか、チェックするという役目もあります。建築士というと部屋の中でひたすら図面を描いているというイメージを持つ方も多いと思いますが、現場に出向くことも結構あるのです。実際に現場に出て設計通りにいっていない建物の部分を修正するよう指示したりあるいは反対に図面のほうを修正したりもします。そうして建物が出来上がっていくのです。

©2016 建設業の仕事ってどんな感じなの?